技術者のつぶやき

つなぐ機能

2018-06-12

今日は歴史的会談(米朝会談)が予定されてます。関係がうまくつながり、新しい希望と平和が訪れることを祈っております。
国と国、人と人をつなぐことは大変難しいことなのだと今回の会談がなかなか実現してこなかった点を考えるとつくづく痛感いたします。
ガラスフリットは、そんな環境や背景が違う材料同士をつなぎ、結びつけたり、密着強度をあげたりする機能を担っております。
ただつなぐだけでなく、密着性をより強固にしたり、耐クラック性、強度性を向上したり、絶縁性をとったり、大きな役割りをになっております。
裏方の部分の仕事になりますが、なくてはならない存在です。歴史的な会談の裏で、絶え間なくつながりの役割をになえるように、努力していきたいと思います。

お絵かきフリット

2018-06-06

サンドアートの作品を先日テレビで見ました。多色の砂で糊やボンドで下書きした画版に砂をまいて作成します。出来上がりの作品は想像しているよりも綺麗でした。
ガラスフリットもサンドアートの画材として利用できないかと思い眺めておりました。ガラスに磁性をもたして、お子様用の教材として、砂鉄と磁石で絵を描く実験の折に、
カラフルなガラスで実験したほうが、楽しかっただろうなぁと懐かしく思いました。6月6日といえば、ドラえもんの絵描き歌。アイデアに煮詰まったときは、
童心にもどって、お絵かきも悪くないかもです。

梅雨の時期になりました・・・

2018-06-01

梅雨の季節となりました。恵みの雨と思いつつ、湿度が上昇するこの季節、粉を扱う方々にとっては、神経を使う季節になります。
学生時代にも、梅雨の時期を疎く思っていると、先生から雨の日こそ集中できる環境で、読書に適していると指導いただきました。
卒業して、梅雨時期は温泉郷にこもり、読書したり、もの想いにふけり、しっぽりと街中の喧騒から離れて過ごそうと思いつつ、
実現できずに月日がたちます・・・。
梅雨時期こそ、物事に集中できると考えれば、ガラスフリットのよいアイデアが湧き、よい提案をお客様へ出来そうです。

乳児用液体ミルクの販売が今夏解禁

2018-05-16

粉モンつながりの話題で、今年の夏、乳児用液体ミルクの販売が解禁されるようです。
忙しいママさん、パパさんからすると粉ミルクをお湯で溶いて、哺乳瓶を殺菌して使う手間を考えると、今の時代は、レトルトパウチ容器や使い捨て容器の方が便利ですよね。
ガラス屋のフリットに従事している者からすると、粉ミルクとガラス哺乳瓶の需要が少なくなると思うと寂しい限りではあります。
粉ミルクをお湯で溶いて、やけどしない程度に水で冷ましながらか肌で、熱くないか、冷たくないかを確認しながら、哺乳瓶のミルクをつくるのは大変手間ですが、その工程があかちゃんへの思いやりを育くめる時間かもしれません。
そうは言いつつ、私の時代にも液体ミルクがあれば、ガラス屋でありながら、ガラス哺乳瓶を使わず、速攻電子レンジでチンして、飲ませていたと思います・・・(笑)
なかなか保育園に空きがない昨今、通勤途中で赤ちゃんがミルクを欲しがり、コンビにいってあれば、便利ですもんね~。
でも、たまには粉ミルクとガラスの哺乳瓶でミルクづくりしてみてくださいね。手間がゆえに、あかちゃんがおいしく飲んで、飲みきってくれる姿に、苦労が報われ幸せになれます。
日本で粉ミルクとガラス哺乳瓶が売れなくなると、頼みの綱は、爆買いしていただける東南アジアのお客様により力を入れていかねばです。

ヨーグルトの軟らかさと歯磨き粉の硬さ

2018-05-11

業界によって異なるとと思われますが、「スラリー」と「ペースト」の呼び方を使い分けられていたり、同意義だったりする場合があります。
フリット部隊に配属されて、私の目安として、ヨーグルトぐらいの感覚を「スラリー」、歯磨き粉ぐらいの感覚を「ペースト」として認識し、お客様と交渉させていただいております。
厳密には、粘度で定義していく形となるのですが、わかりやすい指針として使ってます。
ところが、最近、ヨーグルトでも「飲むタイプ」・「飲むタイプにより近いもの」・「固形により近いもの」など様々なものが販売されており、一般的なヨーグルトでも、混ぜていただく方の感覚によって、軟らかい・固い(硬い)が定義できにくくなりました。特に顕著なのは、プリン・チョコレートですね。私は、プリンは外が固めで、中は程よく軟いのが好きなのですが、最近は、全体的に軟らかく、焼けていない?感じのほうが人気があるようで、これまた美味しいです。
チョコレートは、生チョコが人気ですよね。チョコレート=固い(硬い)とかのイメージだけもっていると、もはや「いつ時代の人?」と呼ばれてしまいそうです。
ご相談させていただく、業界、ご相談者の年齢、好みにより、定義が大きく変わってくる軟らかさ・硬さの感覚で、「スラリー」と「ペースト」を説明するのが無理があるのかもしれません。
でも、私は、私の好みも大事にして、お客様に今後も説明していきたいと思います。
こだわり、好みは大事ですよね~。

コナモン(粉モン)の日

2018-05-07

5月7日は「コナモンの日」とのことで、お好み焼き、たこ焼き、うどんといった粉モン製品の日だそうです。ガラスフリットも仲間に入れて欲しい・・・
お好み焼きやたこ焼き、ホットケーキをつくるときの小麦粉、ホットケーキミックスを触るたびに上手に粉砕されているなぁ(当たり前ですが・・)と関心します。
弊社の試作、量産Upした製品も同様に上手に粉砕さているなぁと自社ながら感動してます。大きな違いは、お口の中に入れてはいれてはいけないことぐらいでしょうか。
いつか、たこ焼き、お好み焼き、うどんメーカーんとのコラボで、湿気にしにくい保存ガラス瓶など提供できると面白いのですが、今のご家庭では、冷蔵庫に入れて保管するのが、
湿気がなく、長く使える秘訣なんですよね・・・冷蔵庫向けのガラスフリット開発品を模索したほうが現実味ありそうです。

抹茶をつくる大変さはフリット粉砕に似たり?

2018-05-02

美味しいお茶の専門店が多くなり、最近お茶を飲む機会が増えました。何気に抹茶の粉等はどうやって生産しているのか疑問になり、昔から石臼でお茶をひいて粉を生産していることを知りました。現在は、石臼での生産も機械化はされてるようですが、出来高は少なく大変な工程のようです。昔の方は、人力で石臼を回していたのですからお茶が高級になるのも手間暇がかかっている分、相応だったのですね。
私達が現在、開発・生産しているフリットも石臼でひいてじっくり仕上げることにより、深みと味わいがでるようなことができれば大変面白いのですが、産業用途としては、効率を求められるので、完全に「趣味・興味枠」のトライアルとしてしか成立しないようです。
蕎麦を石臼でひくと粘りのある(かってなイメージですが・・)蕎麦ができてそうで、ガラスフリットもペースト・スラリーなどに使用するフリットは、石臼でひいた方が、物質同士を架橋するのに、粘りが出たりして、いい感じになると思うのですが・・・本当に量産になると、量産部隊に怒られそうです(苦笑)

フリット・ペースト・シートのご相談をワンストップで

2018-05-02

フリットのご相談だけでなく、ペースト・スラリーのご相談、シートのご相談を多く頂きます。弊社では、ガラスフリットでのご提供だけでなく、カレットでのご提供を行い、お客様側でご希望の粒子径に粉砕していただいたり、ペーストまで弊社で対応して、お客様にてシート化されたり、弊社にてグリーンシートまで対応し、お客様で焼成いただいたり、多彩な形でご提供をしております。まずは、ご相談いただければ幸いです。

満月のようなフリットが出来ると嬉しいのですが・・・

2018-01-30

スーパーブルーブブラッドムーン現象の天体ショーが、明日、1/31(水)20時48分から天気次第ですが、楽しめるようです。ス-パ-ムーンの満月を見ただけでもお得な気分になれますが、今月はひと月に2回起こるブルームーン、そしてさらに皆既月食で赤みを帯びて見えるブラッドムーンの3つの現象が同時に起こる、超お得な天体ショーです。
月の光を浴びると元気になる?神秘的、幻想的なことが起こる予感がするのは私だけでしょうか・・・。たまには、空を見上げて童心に帰る事も大事なことかもしれません。フリットも満月のように真ん丸に出来ると嬉しいのですが・・・

『あさりちゃん』ギネスおめでとう!

2014-09-12

少女漫画の「あさりちゃん」がギネス世界記録に認定おめでとうございます。
作者女性2名で共同で一緒の作品をつくった漫画として最多発刊部数だそうです。
ガラスフリットも単独で性能UPが難しい場合は、他のフリットと混ぜて使う方法があります。
相性をうまく見つけ出し、効能を長く維持させるガラスフリットの組み合せを検討するこは大変難しい作業です。
しかし、その難しさを打ち破るからこそ、ギネス級の新製品が誕生するのかもしれません。

« Older Entries
Copyright(c) 2013 OKAMOTO GLASS Co.,Ltd. All Rights Reserved.